うつ病を患う方との接し方|認めてあげることが大事

心療内科でできることあなたにあったケアを

心の病気と患者の支え方

2人の男性

ストレス社会と言われている現代、うつ病の患者数は増えてきています。家族や身近な人がうつ病になったときには、励ましの言葉や安易な声かけは避け、きちんと通院しゆっくり時間をかけた接し方をすることが大切です。

Read More

支えになれる方法

病院

うつ病の人との接し方で、一番大切なのは「ストレスフリー」にしてあげる事です。そして本人以外も、「ストレスフリー」でいる事です。誰かの負担になっていると思うと、うつ病が悪化してしまいます。もし支えてあげたい・助けたいと思う気持ちがあるのなら、優しく丁寧に接しましょう。

Read More

周囲が配慮することが大切

診察

うつ病を発症したら、その周囲の人々が支える必要があります。その接し方にはいくつかの注意点があり「頑張って」などと励ますのは厳禁です。また、原因を究明するときは、個人が勝手に行うのではなく医師の心理的療法で見つけ出すことが大切です。

Read More

病気の家族への対処法

看護師たち

思考に歪みが生じています

家族の一員がうつ病に罹患してしまったら、接し方にも注意が求められます。うつ病は、環境によって病状が左右されやすい病気です。そのため、家族の理解がある場合とない場合では、治療効果にも大きな差が現れます。思考にかなりの歪みが見られるのが、うつ病の特徴です。従って、良かれと思ってかけた言葉がネガティブに受け取られることも多々あります。言葉の内容によっては、さらに本人を追い詰めることにもなるのがこの病気の難しい所です。健康な方にとって一つの力になる励ましの言葉も、うつ病の方にとってはプレッシャーになり得ます。元々うつ病は、真面目で責任感があり、相手の期待に応えようという気持ちの強い方に発症しやすい病気です。ですので、無暗な激励の言葉は却って心理的な負担を増大させてしまいます。言葉をかけている本人はそれと気づかないだけに、さらに事態は複雑になってしまうのが多くの場合です。うつ病の方に生じている思考の歪みは、精神医学的には認知の歪みといった表現で称されます。こういった認知の歪みがある状態の方には、安易な言葉かけは禁物です。精神科や心療内科の医師は、うつ病の認知の歪みを把握したうえで適切な接し方を考えていきます。薬物療法と合わせて試みられる認知行動療法などは、そういった思考の歪みを修正するための治療の一つです。歪んでいる思考が修正されれば、通常の励ましの言葉も素直に受け止めることが出来ます。それまでの間は、家族が接し方に気を付けることが病気を治す上での重要な課題です。

家族向けプログラムとは

精神医療がより一般化している欧米では、うつ病の方を抱える家族向けのプログラムが設けられます。日本でも医療機関や福祉団体などが中心になり、最近では様々なプログラムやセミナーが開かれます。こういった企画は、うつ病の家族への接し方が学べる大きなチャンスです。本人が抱えている状態を客観的に把握することで、接し方のコツが分かります。うつ病の精神状態は、一般の方の想像力を超えていることが多く、専門家によるサポートやアドバイスが必要です。プログラムやセミナーでは、正しい接し方をマスターするためのロールプレイングなどが行われます。実際のケースを想定してやり取りを考えていくことで、相手への理解力が養われます。避けたほうが良い具体的な言動も教えてもらえますので、家庭内のトラブルも減るのが一つのメリットです。このようなイベントでは、参加者同士の交流の機会が少なからず持てます。雑談の中から接し方のヒントが得られることもあり、最初から最後まで有益な時間が過ごせるイベントです。同じ悩みを持つ方と接することで、精神的な安心感も得られます。時に家族にも悪影響をもらすことがあるのが、うつ病の怖い点です。相談できる仲間がいない場合は、問題を家族だけで抱えることになります。家族自身が、体調不良に陥るのも多くみられるパターンです。接し方への戸惑いや生活の不安などが増大すると、かなりの精神的なストレスが発生します。このような状態をそのまま放置しておくのは、非常に危険です。また、精神科や心療内科へ初めて行く方は誰かに付き添ってもらうことが大切です。治療は医者との相性も大事なので、この点も見極めてから通院を検討するといいでしょう。また、精神科の場所が自宅から遠いと通うのが億劫になるかもしれません。そのため、できるだけ自宅から近く、アクセスしやすい場所に位置しているところで治療するといいでしょう。