心の病気と患者の支え方|うつ病を患う方との接し方|認めてあげることが大事

うつ病を患う方との接し方|認めてあげることが大事

ナース

心の病気と患者の支え方

2人の男性

患者数は増えています

ストレス社会と言われている現代、うつ病患者は増えてきていると言われています。うつ病は、様々なストレスが原因によって引き起こる病だからです。生きていく上で抱える多くのストレスは、発散することで消え、体や心の健康を保つことが出来ます。しかし、自分の中で処理しきれないほどの大きなストレスを感じ、それを発散したり誰かに相談したりといったことが出来ないままでいると、やがて心をむしばんで、うつ病を発症させてしまうのです。うつ病の元となるストレスは、人によって様々です。自分にとっては大したことないと思うことでも、人によってはとてつもなく辛いストレスと感じることもあります。そのためうつ病患者との接し方については、元となるストレスを否定することはしないように気を付けましょう。患者にとっては、自分を否定される、という行為が何よりも耐え難い苦痛に感じます。馬鹿にしたり否定したりといった行為に気を付けた接し方を心がけましょう。このように、うつ病は家族や周りの人の接し方やサポートが非常に重要になってくる病気と言えます。もしも身近な人がうつ病を発症してしまった場合には、接し方を改める必要があります。治療には、周りの人の協力やサポートが欠かせないものとなるからです。また、治療には抗うつ剤などの特殊な薬を必要とする場合もあるので、体は健康だからといって病院へ行くことを避けることは誤りです。体は健康でも、心は健康とは言えませんので、必ず専門の病院へ行き、専門の治療やカウンセリングを受けることが大切です。

患者への心のあり方

家族や身近な人がうつ病になってしまったときの接し方は、具体的にどのようにすれば良いのでしょうか。まず一つ目のポイントは、励ましの言葉です。うつ病患者への頑張れや、きっとすぐに良くなるよ、などの励ましの言葉は逆効果になってしまうことがあります。それらの励ましは、早く治さなきゃ、周りに迷惑をかけている、という状態を作り出し、患者へプレッシャーを与えてしまうことにつながるからです。プレッシャーを感じると、良くならない症状に自己嫌悪に陥り、場合によっては症状が悪化してしまうこともあります。軽い励ましの言葉はなるべく言わず、焦らないで良い、というような態度の接し方をすることが重要です。二つ目のポイントが、完全に治るまでは、症状の改善が見られても安易に喜ばないということです。症状の改善が見られた場合、良くなってるよ、と喜んでしまうと、患者にとっては更なるプレッシャーになってしまうことがあるのです。その後、症状が元に戻ってしまうことがあっても、周りを悲しませてはいけない、と治療が順調な理想の患者、を演じてしまうこともあります。そうすると、患者の負担は更に増えてしまうため、安易に喜んだりするということも控えましょう。治療がなかなか進まないと、サポート側の人もイライラしてしまうことも多くあります。しかし、うつ病の治療には多くの時間と根気が必要です。焦ったり、安易に励ましたり喜んだりせず、患者と同じ立場に立ちゆっくりと見守っていくと言うことが大切と言えます。