支えになれる方法|うつ病を患う方との接し方|認めてあげることが大事

うつ病を患う方との接し方|認めてあげることが大事

ナース

支えになれる方法

病院

目指せストレスフリー生活

パートナーがある日突然うつ病になったら、一体どのようにすれば良いのでしょうか。今まで通りの接し方で良いのか、はたまた病人に接するようにするべきなのか、迷うことが多くなる機会が増えます。うつ病の人との接し方は、対象者の症状によって様々ですが、まるで病人のような接し方をされて喜ぶ人はいません。そして何より、あまり前向きな言葉や行動を好みません。「頑張ってね」や「一生懸命やってみよう」など、ついうっかり言ってしまいがちな言葉が、うつ病の人を激しく苦しめる事があります。では、どのようにして接する事が良いのかと言うと、うつ病の人以外のようには出来ないのが当たり前だと、互いに思いながら生活するのが大切になります。周囲の人は、出来なかったときに「なんで出来なくなったの」や「これぐらい簡単でしょう」などと言わないようにしましょう。もしも失敗してしまった時には、あたかも今日初めてやる事だったかのように、いつも新しい気持ちで接すると良いでしょう。例えば、赤ちゃんがお漏らししても誰も叱ったりしませんし、幼児が食事中に食べこぼしても誰も叱りません。他にも、認知症の高齢者の行動なども同じく例に挙げられます。常日頃から、いつも今が初めてだと思う事で、ストレスフリーな生活を送ることが出来ます。うつ病の本人以上に、周囲の人がこれらの事を気をつけておく事で、誰もが精神的に疲れることが減ってきます。周囲の疲労が目に見えないことで、うつ病の本人も気持ちよく生活する事が出来ます。

一緒に心療内科通院

うつ病との正しい付き合い方の答えは1つではありませんが、互いを知り支えるために最も効果的なのが、一緒に心療内科に通院する事です。本人が拒否する場合を除き、出来るだけ一緒に通院する事をおすすめします。最初の段階では、心療内科で様子を見てみましょう。初診時に本人が「付いて来て欲しい」と望めば、必ず付き添いましょう。逆に「外で待っていて欲しい」と望んだ場合には、その通り外で待機するようにしましょう。うつ病が早期に発見できた場合、適正な治療を受けることが出来て、周囲の人の接し方を間違わなければ、ほぼ改善されます。自分から望みを言えるうちに、沢山聞いてあげるようにしましょう。うつ病の状態が悪化していくと、自分から望みを言えなくなったりする事があります。その理由として、周囲の人間の「拒否の姿勢」を恐れている状態というのがあります。これは被害妄想だけでなく、人間なら誰もが持つ不安感がうつ病の症状により増幅されている為に起こる現象です。お願いをして嫌われたくない、もしも嫌われたら生きていけないのように段々悪化していきます。まずは最初の「お願いをして嫌われたくない」という気持ちの芽を摘み取りましょう。その為の最高の接し方は「どんなお願いでも聞きます」という姿勢をとる事です。そうする事で、うつ病の人でも簡単に自分の望みを言う事が出来、その望みがかなえられる事でストレスフリーな生活をする事が出来ます。