周囲が配慮することが大切|うつ病を患う方との接し方|認めてあげることが大事

うつ病を患う方との接し方|認めてあげることが大事

ナース

周囲が配慮することが大切

診察

患者には言ってはいけない

うつ病と診断された場合、患者自身が努力しても改善できるとは限りません。家庭や会社の協力も不可欠です。そのなかでも大切なのが病人への接し方です。この接し方次第では症状を悪化させる可能性もあるので注意する必要があります。例えば、掛ける言葉です。よく有りがちな言葉に「頑張って」があります。もちろん、発言者自信にはただ純粋に応援するつもりで言ったつもりかもしれません。しかし、本人からしたら「頑張りが足りてない」とか「もっと頑張らないと」と受け取りかねません。それが大きなプレッシャーになって背負ってしまいます。このプレッシャーによるストレスこそがうつ病の原因の一つとされています。そして、誤解した接し方をするものに気晴らしがあります。多くの人々は気分転換をすれば、症状が少しは和らいでくれるはずだと勘違いしています。そのため、旅行などに誘う人がいますが、それは間違いです。うつ病患者は「せっかくの誘いを無理に断ったら悪い」と考えてしまい誘いに乗ってしまうことが多いです。結局はそれがストレスとなってしまいます。冷静な判断力も低下していることを知っておく必要があるわけです。そのため、マイホームの購入や仕事の大きなプロジェクトなど重大な決断を強いないようにする配慮も必要不可欠です。その決断に至るプロセスがまた発病原因とされています。基本的にはうつ病に対しては安静にさせることが大切です。つまり、静かに休めるような環境づくりが患者にとって不可欠な要素と言えます。

原因究明は医師の元で

うつ病の最大の原因はストレスだと言われています。ただし、周囲の人々が安易にその原因を模索するのは危険です。というのも、ストレスというのは誰でも複合的に抱えていることが多いからです。つまり、家庭内ストレスが原因だと思っていたら実は仕事でのストレスが起因していたというケースもあります。もしかしたら、患者だけしか知らない悩みを抱えている可能性も少なくありません。特に性的に関する悩みの場合は、誰にも打ち明けられずに内に秘めてしまうことが多いです。その場合は周囲がいくら模索しても知ることはできません。だからこそ基本的には、患者もその周辺の方々も接し方には、決めつけは厳禁です。間違った対処法によって、さらに悪化させるケースも想定されます。最適なのは、病院で診てもらうことです。本当にうつ病かどうかを診断してもらえますし、抗うつ薬を処方してもらえます。とても有効的で多くのうつ病患者の症状を改善してくれるのに役立ちます。もちろん投薬療法は対処療法であるため、根本的な原因の排除には至りません。そこで心理的療法が必要となります。患者本人とカウンセリングを重ねることによって根本的な原因を探り、その原因を取り除いていく必要があります。そこで家族や会社の同僚などの力が必要不可欠となってきます。その対処方法は原因や環境によって様々です。そのため、患者との接し方は医師との相談しながら行っていくことが大切です。患者とその周辺の人々、そして医師、この3つの連携が取れることでうつ病の改善が見込められていきます。